西武池袋線「大泉学園駅」徒歩2分
西武バス「大泉学園北口」停留所下車 徒歩2分

tel.03-3978-7722

※お電話で診療予約ができます。

東京都練馬区東大泉1-37-1 マルキシビル4階

アレルギー科

アレルギー科とは

アレルギー科画像

人間には免疫機能というのが備わっています。同機能は、ウイルスや細菌など体内に侵入しようとする異物を撃退する働きがあるのですが、体に害を与えないはずの植物の花粉や食物などにも過剰に反応してしまい、そのことで体にマイナスの症状が現れるようになるのですが、この状態をアレルギー反応と言います。
当診療科は、このアレルギー反応に起因したアレルギー性疾患の診療が中心になります。なおアレルギー性疾患とは、花粉症、アレルギー性鼻炎、食物アレルギー、金属アレルギー、気管支喘息、じんましん、アトピー性皮膚炎などのことで、これらの診察、検査、治療を行います。

風邪だと思っていたが鼻水やくしゃみが治まる気配がない、原因不明のかぶれや湿疹が皮膚にあるといった症状があれば、アレルギー性疾患が考えられますので、アレルギー科を一度ご受診ください。採血検査でアレルギー検査を行い、診断をつけるようにいたします。

アレルギー科でよくみられる代表的な疾患

花粉症、アレルギー性鼻炎、食物アレルギー、金属アレルギー、じんましん、気管支喘息、アトピー性皮膚炎、 など

アレルギー検査について

くしゃみや鼻水が止まらない、肌にかゆみやかぶれがある、などのアレルギー症状は認められているものの、アレルゲン(抗原:アレルギーとなる原因物質)が特定できていない場合、当院ではアレルギー検査として、主に「血液検査」を行います。

血液検査(IgE抗体検査)

アレルギー検査による血液検査とは、血液中にあるIgE抗体の数値と好酸球(白血球の一種)の数値を測定する検査になります。このIgE抗体ですが、免疫に関係するとされるたんぱく質の免疫グロブリンの一種で、健常の方であれば微量しか検出されません。ただこれが、アレルゲンと結びつくと、炎症性物質(ヒスタミンやロイコトリエンなど)をマスト細胞という血球系細胞から放出させ、アレルギー反応が引き起こされるようになるのです。このことから、アレルギー体質(IgE抗体をつくりやすい遺伝素因)の方であれば、両方の数値(IgE抗体と好酸球の数値)が高く出るようになります。
アレルギー原因物質はIgE-RAST法用いることで「スギ」「ソバ」など個別に数値を定量化することができます。これでアレルギーの原因物質を特定し、障害程度を判定する事もできます。

のざき内科クリニック

院長 野崎 高正

東京都練馬区東大泉1-37-1 マルキシビル4階

tel.03-3978-7722

※お電話で診療予約ができます。

[最寄り駅]
西武池袋線「大泉学園駅」徒歩2分
西武バス「大泉学園北口」停留所下車 徒歩2分

診療時間 日祝
9:00~12:30
14:00~17:30

:土曜日は9:00~13:30

初めて受診される患者さんで、診療時間中にどうしても受診できない方はお電話でご一報下さい。状況に応じて対応致します。